私の人生を変えた「アミ」
home心理学・生き方 > 私の人生を変えた「アミ」
私の人生を変えた「アミ」
心理学・生き方 2015.1.13
私の人生(というか食生活)が大きく変わったきっかけとなった
アミ 小さな宇宙人」より。
もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)
エンリケ・バリオス
徳間書店
売り上げランキング: 5,784

オフィルという星について、以下のように書かれています。 そこでは、お金というものが存在しない
みなそれぞれの良心にしたがって、
必要な物を必要に応じて自由に持っていったり、与えたりしている。

うそつきや不正を働く人が一人もいないから、
警察もカギもくさりも鉄格子も壁もなにも必要じゃないし、めんどうな書類もない。 星全体がひとつの国で、みな兄弟だから軍隊も戦争もない
地球のように宗教によって対立することもない。 神は愛であり、それがすべてだ。

みんな、いつも善いことをするよう心がけて、
毎日少しでも進歩するように努力して生きている。
そして、毎日をとても健康的にせいいっぱい楽しむことを忘れていない。

そこではすべてが自由であり、人に強制したり、
されたりということがいっさいない。
アミは、地球の人々も、オフィルの人々のように
生きることができると言った。

そのためには、愛が宇宙の基本法であることを知る必要があり、
すべてのひとがそれをきちんと理解できれば、
そのほかのことはとてもかんたんなことだ。

でもそれをしないと、地球の自滅はさけられない。
なぜなら、化学の水準(レベル)が愛の水準を
はるかにうわまわってしまったから。
アミはすべてを楽しんでいた。

ただ、肉を食べることだけをのぞいて
彼はいつも動物たちがかわいそうだと言っていた。
(※途中、文章を省いています。)




久しぶりに読み返しました。

あまり物を持たないようにしている私ですが、アミだけは手元に置いています。
それでもほとんど読み返すことはなく、今回間違えて借りてしまって、あらためて感動しました。


2006年(9年前)にアミと出会って、私の新しい人生が始まりました。



アミを読んで、お肉は
生きている動物をわざわざ殺している
ということを初めて知りました。

今まで知らなかった&考えなかったのが不思議ですが
これを知った時は、とても衝撃的でした。


その後、ネットでいろいろ調べたり、mixiのベジタリアンコミュニティに入ったら、
お肉を食べない人がたくさんいることを知りました。



お肉のために動物を殺していることがとてもショックでしたが、
それをボイコットできるということを知って、当時の私は安心しました。

そこから、ベジタリアン生活の始まりです。



昔読んで感動した本は、今読むと「当たり前」になっていたり、今は成長しているので、
読み返してもあまり感動しないのですが、アミの教えは今でも色あせていませんでした。


宇宙の基本法=愛は永遠に不変なんですね。



地球がオフィルのような星になればすばらしいですね。

それには、私たちが愛の水準をあげること

世の中を変えたいと思って周りを変えようと活動していても、
なかなか変わらないですよね。

まず、自分自身が変わらないとなんですね。



だからと言ってベジタリアンになれということではありません。



まずは、オフィルの人々のように生きることから。


それは、

自分の良心にしたがって生きること

愛を基準に生きること



まだ地球人は、オフィルのような人種じゃないので
地球人全員を家族のように愛するのは難しいかもしれませんね。。(^^;



そして、愛の水準が上がれば自然とお肉は食べられなくなる

…と多くのスピリチュアル本に書かれています。




だから、まずは自分に正直に生きることですね。

人の目とか、評価とか気にせずに。


今、地球は進化の途中で、気づいた人と気づいていない人が
混ざって暮らしている状態です。

あなたは気づいた人ですか?



気づいた人には責任が生じるそうです。



責任とは・・?

わかりやすく言うと、気づいていない人は野生動物に近いです。
野生動物には理性がないので、自分を抑えることができません。

でも、人間には理性があります。


理性がある人間には、理性的に生きる責任があるのです。



だから、気づいた人は、それに従って生きなければいけない。

といっても、バチが当たるとか地獄に落ちるとかではなく
裁くのは死後の自分自身なんですけどね。

死んでから、ものすご〜く後悔するらしいです。



「分かってたのに、お肉食べちゃったー!
もう一度生まれてやり直ししなきゃ〜〜!」

ってね。



これはアミに書いてあったわけじゃないけれど、
アミは超オススメなので、まだ読んでなかったら、ぜひ読んでみてください!!

1巻はこちら。

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人
posted with amazlet at 17.12.11
エンリケ バリオス
徳間書店
売り上げランキング: 3,401
図書館にも置いてあると思います。


 

これは、私がイラストレーターの練習をしていた時に描いたイラスト。
今よりウマい・・・ような気がする!



実はうちの母はお肉を食べません。

子供の頃は単なる偏食だと思っていましたが、
かわいそうだから食べたくない」と言ってくれていたら、もっと早くに気がついただろうな〜と思います。


  • LINE
  • はてブ
  • Feedly
  • Pocket

ページトップへ

もちまいです。
アラフォー独身女です。
健康情報やエコ生活の知恵、ベジ情報
なんかをシェアしていきます。
よろしければ
自己紹介ページをご覧ください。